青空ブログ

日々の疑問や興味について書いていきます。

海外旅行

ハワイ旅行にラッシュガードは必要?日焼け防止効果は?冬では?

投稿日:

日本人にとって昔から変わることなく大人気の『ハワイ』
海外旅行に行かれる方の中でも『ハワイ』の人気は変わらず高いですね。

ハワイのと言えば「常夏の島」
1年中が「夏」というイメージがあるかと思います。

そんなハワイへ行かれる際に気になるのが紫外線対策ではないでしょうか?

日本なら初夏から夏の終わりにかけてくらいしか気にならない紫外線。
ハワイへ行くときはどうすればいいの?と思われている方もおられると思います。

最近、日本でも夏の日焼けの防止によく見かけるようになった『ラッシュガード』
ハワイでは『ラッシュガード』がかかせません。

ここではハワイでのラッシュガードの必要性についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ハワイ旅行にはラッシュガードが必要?

ハワイの海
まずはハワイの紫外線についてご紹介したいと思います。
日本とハワイでは紫外線の強さが全く違うのです。

紫外線は赤道に近づくにつれ強くなっていきます。
日本よりも赤道に近いハワイでは当然紫外線の量も違います。

まずはハワイの紫外線の強さについて知っておきましょう。

ハワイの紫外線について

世界保健機構(WHO)が「UVインデックス」を活用した紫外線対策の実施を推奨しているので、実際に見てみましょう。

1~2 弱い ・安心して戸外で過ごせます。
3~5 中程度 ・日中は出来るだけ日陰を利用しましょう。

出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。

6~7 強い
8~10 非常に強い ・日中の外出は出来るだけ控えましょう。

必ず長袖、日焼け止め、帽子を利用しましょう。

11+ 極端に強い

ちなみに「UVインデックス」とは紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを分かりやすく示した紫外線の強さを指標化したものです。

この「UVインデックス」を元に東京とハワイの1年間の平均UVインデックスを比較してみます。

1~3月  4~9月 10~12月
東京 2~3 4~6 2~3
ホノルル 7~10 11~13 5~9

近年、猛暑でかなり暑い東京の夏の強さよりも、なんとホノルルの冬の方が強いのです。
さらにホノルルの4~9月にを見てみると「11~13」といかに紫外線が強いかがわかると思います。

あの暑い夏の時期よりも2倍以上の強い紫外線があるのです。
そして、1年の中でどの時期を見ても日本の2~3倍ほどの強い紫外線があるのです。

ハワイの紫外線が強い時期

最もハワイで紫外線が強くなるのは6月~8月にかけてです。
そして最も弱い時期は12月になりますが、それでも日本の夏とあまりかわらないくらいです。

なのでハワイへ旅行される際は、どの時期であろうが日本で夏を過ごす時以上の紫外線対策が必要になるのです。

時間帯で言うと、朝10時頃~夕方4時頃の間になり、正午頃が一番強くなります。
夕方になっても比較的強めと言えるでしょう。

もし何の対策もせずに日中に出歩いているとあっという間に真っ赤っかになっているなんてことも珍しくありません。

ハワイで紫外線が強い場所

ハワイの中でも紫外線が強い場所は、日陰も少なく日光も直接当たりやすいビーチになるでしょう。
さらに水面や砂浜が紫外線を反射させるので、何か対策をしなければかなり多くの紫外線を浴びることになってしまいます。

ハワイ旅行でのラッシュガードの必要性

ハワイでの紫外線がここまで強いということが分かるといかに紫外線対策が必要かが分かるかと思います。
そこでハワイへ行かれる際にかかせないのが『ラッシュガード』になります。
近年夏にプールや海水浴に行かれるとよく見かけられるようになったと思います。

ラッシュガードとは?

ラッシュガードとはもともとサーファーがサーフィンをする際に擦り傷などから身を守るために着られていたものです。
今では一般的には日焼け防止のために使われることの方が多いかもしれません

ラッシュガードの効果についてはコチラで詳しく
ラッシュガードの日焼け防止効果|何年位もつ?洗濯しても大丈夫?

ハワイの日焼け防止にはラッシュガード

ハワイ旅行にかかせないラッシュガードですが、ラッシュガードがいかに日焼け防止の効果があるのかを紹介していきましょう。

ハワイの日焼け防止には『UPF50』のラッシュガードを!

ラッシュガードを購入する際に『UPF○○』というような指数が表示されています。
『UPF○○』というのは紫外線防止指数のことです。

よく似たものに「SPF」や「PA」というものがありますが、それらは日焼け止めクリームなどについている紫外線防止の指数です。
『UPF』は衣類につけられた紫外線の防止指数です。

このUPFは3段階に分類されています。

UPF40~50 UVカット率95%以上(Excellent)
UPF25~39 UVカット率90&以上(Very Good)
UPF15~24 UVカット率85%以上(Good)

15以上から効果があり50+が最高値になっており50以上のものであっても全て50+と表記されます。

ハワイではこの『UPF50+』のラッシュガードを使用しましょう!

『UPF』について少し解説しておきましょう。
「UPF50」の表記のあるものであれば、日焼けにかかる時間を約50倍遅くすることができます。

具体的に言うと……
何も着ずに紫外線を直接肌に15分間浴びて「日焼け」してしまったとします。
そして『UPF50』の表記のラッシュガードを着てこの「日焼け」と同じだけの「日焼け」をしようとした場合
【15分間×50(UPF値)=750分間】で750分間もかかるのです。

つまり!『UPF50』のラッシュガード着ていれば12時間半ほど日焼けする時間を遅らせることができるのです。

スポンサーリンク

ハワイで使うラッシュガードの色について

またラッシュガードは色によっても紫外線の透過率が変わってきます。
黒が一番紫外線のカット率が高く、白は比較的弱くなります。

98%
97%
97%
95%
94%
オレンジ 92%
60%

この事からもハワイでは黒色や濃い系のラッシュガードがおすすめになります。
ただ白色でもUPF50+のものが販売されています。

柄物のラッシュガードは注意しましょう!

たとえば黒地に白色で模様のついたラッシュガードを着ている場合、長時間強い紫外線を浴びていると、透過率の違いで白色の模様の部分だけ日焼けしてしまうなんてことになる可能性もあります。
日焼けのムラを出ないようにするためにも柄物には注意しましょう。
どうしても柄物にしたい場合は同色系のものであればいいかと思います。

半袖のラッシュガードなら日焼け止めクリームも

ラッシュガードを使うのであれば、長袖のラッシュガードが紫外線防止やケガの防止のためにもおすすめです。

半袖のラッシュガードを使うのであれば腕の出ている部分にしっかりと日焼け止めクリームも塗って対策をしておきましょう。

ワンピースタイプのラッシュガードも

ラッシュガードの中にはワンピースタイプのラッシュガードもあります。
女性の場合、紫外線際策はもちろん、体のラインを見せたくない場合などに使うこともできます。

冬のハワイでもラッシュガードは必要?

12月~2月頃にハワイに行かれる場合、日本では冬にあたります。
しかしこの時期でもハワイの平均気温は23℃ほどになります。
最低気温でも18℃~20℃ほどあります。

ハワイでは朝晩の冷え込みに注意すれば1月や2月と言った日本で言う真冬の時期でもビーチで遊ぶことができます!
まさに常夏のアイランドです。

ただ昼夜の寒暖差などがあったり、スコールなども時々あり、また雨期の時期になるので快晴でも風が吹くと体が濡れていると少し寒く感じることもあるかもしれません。

そんな際にもラッシュガードは効果があるのです。

ハワイの冬にも効果があるラッシュガード

ラッシュガードには防寒効果もあります。ただ水中にいる間は防寒効果がありますが、濡れたままのラッシュガードを着続けていると体温が下がって寒くなってしまいます。

海から上がったらラッシュガードを脱いで体を拭いて、乾いたラッシュパーカーやUVカット加工のされた服を着るのがおすすめです。

冬のハワイの日差しについて

夏場に比べると日差しは弱まります。ただ弱いとは言え晴れていればしっかり日焼けします。
日本で言う真夏に匹敵するほどです。

紫外線防止対策としてもラッシュガードは必需品でしょう。

ハワイでのラッシュガードは何枚必要?

ハワイへ行かれる際にラッシュガードを何枚持って行けばいいのか?不安になられる方もおられるでしょう。

まず、ハワイでラッシュガードが必要になるのはやはり海でしょう。
ただし、海といっても泳ぐのかビーチで水遊び程度なのかによって変わります。

せっかくハワイへ行くのであればもちろん海に入って泳いだり遊んだりするのがおすすめです。

海へ入る時は体にピッタリとフィットしたラッシュガード!

マリンスポーツなどをされる場合でもピッタリとフィットしたラッシュガードは動きやすく、またケガの防止にもなります。
翌日にも使いたい場合でも夜に洗濯すれば1日で乾くでしょう。

フードの付いたもので水中に入ると水が進入し重たくなり動きづらくなります。
パーカータイプのラッシュガードはビーチやプールサイドなどで使うものです。

また、海から出てきた際に濡れたままのラッシュガードを着ていると寒くなることもあるので、その場合はラッシュガードを脱いで体を拭いて、乾いたラッシュガードかUVカットされた服を着ましょう。
その際にはフードのついたラッシュパーカーなどがあれば頭も紫外線防止することができるので良いでしょう。

ハワイでの日焼け防止にはラッシュガード2枚持ちがおすすめ!

ハワイにいる間は、プールや海の中はもちろん、ビーチやプールサイド、そして町中を歩く際にも紫外線対策はかかせません。
海へと行く時には紫外線対策をしたのに、町中へ出かける時には無防備になってしまいがちです。

海へ入る際にはフードなどの付いていないラッシュガードが良いですが、町中を散策する際には簡単に羽織れるラッシュパーカーなどが便利でおすすめです。
荷物に余裕があればラッシュガード2枚持ちがおすすめです。また現地で買うこともできるのでハワイに着いてから購入するのもよいでしょう。

ラッシュガードには手の甲までガードしてくれるものもあるので安心です。
日本に帰ってからももちろん使うことが出来るので2枚持ちで使われるのがおすすめです。

 

「ハワイ旅行にラッシュガードは必要?日焼け防止の効果は?何枚いる?」のまとめ

ハワイ旅行に行かれる際に大事な紫外線防止対策としてラッシュガードを紹介させていただきました。
日焼け防止に効果があるラッシュガード。ハワイへ持って行かれるには2枚持ちがおすすめです。
ハワイへ行かれる際の参考になれば幸いです。

関連記事

ラッシュガードの子供・メンズ・レディース用の選び方や効果について

スポンサーリンク

-海外旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント