青空ブログ

日々の疑問や興味について書いていきます。

3月

桃の節句にはまぐりやちらし寿司を食べる意味や由来とは?

投稿日:2019年1月1日 更新日:

桃の節句(ひな祭り)になると昔から伝わるお祝いの料理があります。
代表的なものにはまぐりのお吸い物やちらし寿司などがありますが、これらの料理に込められた意味や由来などは割と知られていないと思います。
それぞれの料理が持っている意味などを知ると、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

桃の節句に食べるハマグリやちらし寿司


3月3日は『桃の節句』ひな祭りです。
桃の節句になると食べるものと言えば、代表的な物が
「ちらし寿司」や「はまぐりのお吸い物」
でしょう。

他にも「菱餅」や「ひなあられ」「白酒」なども思い浮かぶと思います。

桃の節句の行事食

先ほどあげたものは総称して『行事食』と言われています。

季節折々の伝統行事の時にいただく華やいだ料理のことを『行事食』というのですが、行事食には旬の食材を取り入れたものが多いのが特徴です。

「おせち料理」が代表的ですが、桃の節句にいただく「はまぐりのお吸い物」や「ちらし寿司」「菱餅」「ひなあられ」「白酒」なども行事食の1つです。

桃の節句に「はまぐりはお吸い物」を食べることが多いと思われますがどうして「はまぐり」なのでしょうか?

はまぐりの特徴

はまぐりは”二枚貝”といって、一対に二枚の貝殻を持っています。
貝がぴったり合う組み合わせは最初から組み合わされていた一組しかないのです。それ以外の貝とはピタッと合うことがないのです。
平安時代にはそのハマグリの特性をいかした”神経衰弱”のよう「貝合せ」という遊びがありました。
対の貝殻を見つける遊びです。

はまぐりは縁起のよい貝

はまぐりの特性からも、相性の合う仲の良い夫婦を表す象徴や純潔の象徴とされ、一生一人の人と添い遂げられるようにとの願いが込められた縁起物になりました。
そこから『はまぐりのお吸い物』が桃の節句の行事食として定着したのです。

桃の節句にちらし寿司を食べる意味とは?

桃の節句(ひな祭り)にちらし寿司を食べること自体には実は意味はありません。

スポンサーリンク

鮨(すし)の当て字として「寿を司る」という縁起をかついだ漢字が当てられたぐらいなので
「寿司」というものがそもそもお祝いの席で食べられる縁起の良いものなのです。

また寿司はすしでも『ちらし寿司』が食べられるのにはその具材に意味があるからなのです。

ちらし寿司の具材の意味

ちらし寿司に使われる具材には色々ありますが、よく入れられている食材を見てみましょう。

・えび
・レンコン
・豆
・タケノコ
・菜の花

えび

えびが曲がっていることから、えびのように腰が曲がるまで長生きできるように

レンコン

レンコンに穴が空いて向こうが見えることから、遙か先まで見通せるように。

語呂合わせの意味で健康で豆に働き、仕事が上手くいきますように。

タケノコ

タケノコのようにすくすく育つように

菜の花

春らしさの演出をするため

他にある説
江戸時代に一汁一菜が命じられたことがありました。
大洪水があった際にいち早い復旧のために、汁物一品と副食一品以外を禁止したのです。

その時にたくさんの海鮮や野菜を混ぜ込んだすし飯を「一菜」としました。
いろいろな食材をご飯に混ぜることで色々な食材が食べられるようにしたのです。
それがちらし寿司の由来とも言われています。

桃の節句にはまぐりやちらし寿司を食べる意味や由来とは?のまとめ

桃の節句(ひな祭り)に食べる代表的な行事食にはまぐりのお吸い物やちらし寿司があります。
はまぐりはその貝のもつ二枚貝の特性から「一生一人の人と添い遂げられるように」との意味の思いが込められてお吸い物として食べられるようになりました。
またちらし寿司に関しては「ちらし寿司」そのものに食べられる意味はないのですが、「寿司」そのものがまずお祝いの席で食べられる縁起のよいものなのです。
そしてちらし寿司に入っている具材に意味があり、エビやレンコン、豆などにそれそれ長生きや、遙か先まで見とおせるように、健康で豆に働いて仕事が上手くいきますようになどといった意味が込められているのです。
次回の桃の節句でちらし寿司やはまぐりのお吸い物を食べる機会がありましたら、ぜひ、思い出してみてください。
意味をかみしめながら食べるのもいいのではないでしょうか?ww

関連記事

ひな祭り|雛人形の飾り方・並べ方・持ち物など詳しく解説

行事や風習、物や言葉の由来の一覧

スポンサーリンク

-3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホワイトデーのお返し

ホワイトデーの由来は日本発祥?名前やお返しの意味についても解説

3月14日はホワイトデー ヴァレンタインデーのお返しとして 男性から女性へプレゼントをする日ですが その由来はどこからなんでしょうか? スポンサーリンク

ホワイトデー

ホワイトデーのお返しで職場の女性へは?相場や渡し方もご紹介

ホワイトデーのお返しの品。 職場の女性へのお返し、義理ではあるものの同じ渡すのであれば喜んでもらいたいですね。 そして出来れば「センスがいい!」と好印象も持たれたいところです! 一体何を贈ればいいので …

東大寺二月堂のお水取りとは?「お水送り」と若狭井の秘密

東大寺二月堂のお水取り 毎年ニュースでも報じられる、奈良を代表する行事です。 大きな松明の炎が二月堂の欄干から燃えさかり、たくさんの見物客が訪れる法会です。 一方あまり知られていませんが、福井では「お …

東大寺二月堂のお水取り日程2019!混雑回避と周辺の茶屋を紹介

古の都、奈良は東大寺二月堂で毎年行われる『修二会(しゅにえ)』。 一般的には『お水取り』として知られています。 1250年以上の間、一度も絶えることなく引き継がれてきた 「不退の行法」です。 テレビな …

最近のコメント