青空ブログ

日々の疑問や興味について書いていきます。

行事

お彼岸にお供えするおはぎとぼたもちの違いは?夜船と北窓とは?

投稿日:2018年12月11日 更新日:

お彼岸になったらお供えする代用的なものは「おはぎ」や「ぼたもち」でしょう。
見た感じ同じような食べ物ですが、「おはぎ」と「ぼたもち」の違いはなんなのでしょうか?
「おはぎ」と「ぼたもち」について色々調べてみました。

スポンサーリンク

お彼岸の「おはぎ」と「ぼたもち」について

お彼岸は1年に2度あります。
春のお彼岸と秋のお彼岸です。

「おはぎ」と「ぼたもち」はそれぞれ別々のお彼岸でお供えをします。

春のお彼岸は「ぼたもち」 秋のお彼岸は「おはぎ」

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」、おはぎは「お萩」となります。

「牡丹」と「お萩」

春に大きな丸い花を咲かせる「牡丹」
そして、秋に小豆の粒と似ている花を咲かせる「萩」

これらの花に似ていることから「ぼたもち」「お萩」と呼ぶようになったと言われています。

お彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えする理由

あんこの元である小豆は縄文時代の遺跡から発見されるくらい古くからある食材です。
古くから小豆の赤色には「魔除け」の意味があるとされ祝いの席や儀式に用いられてました。
また「もち米」には「五穀豊穣」の意味があり、小豆ともち米という2つの食材を合わせることから、ご先祖様と心を「合わせる」といった語呂合わせの意味もこめられお供えされるようになりました。
他にも、甘い物が昔は貴重だったので、お彼岸のような特別な日にふるまうものだったという説もあります。

おはぎとぼたもちの違い

これらは2つとももち米と小豆をつかった食べ物です。
見た目は似ていますが何が違うのでしょうか?

「おはぎ」と「ぼたもち」形の違い

「牡丹」は大きくて丸い花を咲かせます、なので「ぼたもち」は大きく丸い形に作ります。
また小さくて細長めの花を咲かせる「萩」に似せて「おはぎ」は小ぶりで俵型に作ります。
「食」で季節を表現するという日本人の情緒を感じる素敵な感覚ですね。

「おはぎ」と「ぼたもち」あんの違い

また、あんこの元になる小豆は秋に収穫されます。収穫したての小豆は皮までやわらかく食べられます。
なので秋の「おはぎ」はとれたての新鮮な小豆が使えるので皮ごと使った「粒あん」で作ります。
一方、冬をまたいで春に食べる「ぼたもち」は小豆の皮がかたくなっているので、皮を取って「こしあん」を使って作ります。
なので「おはぎ」は「粒あん」、「ぼたもち」は「こしあん」となります。

ただ、最近ではこうした違いもあまり見られなくなりました。
また地方によってはあんこを「ぼたもち」、きな粉をまぶしてる方を「おはぎ」としたり、もち米の米粒が残らない餅状につぶしたものを「ぼたもち」、米粒が残っているものを「おはぎ」と呼んだりと地域によって呼び名が変わったりします。

スポンサーリンク

おはぎとぼたもち 北窓と夜船

「おはぎ」と「ぼたもち」については「秋がお萩」で「春がぼたもち」ということが分りました。
実は「秋」と「春」以外でも呼び名が変わるのです。
残されている季節は「夏」と「冬」ですね。

夏の「おはぎ」「ぼたもち」の呼び方

夏の「おはぎ」や「ぼたもち」は「夜船」(よふね)と呼びます。

「おはぎ」や「ぼたもち」はお餅と違って作る時に「ぺったんぺったん」と餅をつきません。
なので隣に住む人からしたら、いつ搗いたのか分りません。

いつ搗いたのか分らない「つき知らず」の餅なのです。
また夜の船もいつ着いたのか分りません。こちらも「着き知らず」です。

「つき知らず」を「着き知らず」とし、「夜船」と呼ぶようになりました。

日本人ならではの情緒を感じる言葉遊びなのです。

冬の「おはぎ」「ぼたもち」の呼び方

冬の「おはぎ」や「ぼたもち」は「北窓」(きたまど)と呼びます。

こちらも先ほどの言葉遊びと同様です。
北の窓からは月は見えません。
月が見えないので「月知らず」となります。
「つき知らず」を「月知らず」とし、「北窓」と呼ぶようになりました。

日本の四季の移り変わりと「食」を見事に合わせた呼び名の変化ですね。

「牡丹餅」「夜船」「お萩」「北窓」

すべてが同じ素材でできた食べ物なのです。

お彼岸にお供えするおはぎとぼたもちの違いは?また語源についてのまとめ

お彼岸になったらお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」。
基本的には同じものですが春の牡丹の花に似ていることから「ぼた餅」、秋の萩の花に似ていることから「お萩」と呼ばれています。
大きな違いはありませんが、基本的には「ぼたもち」は大きく丸い形に作り、こしあんを使います。「おはぎ」は小さめで楕円型でつぶあんを使って作ります。
「春」と「秋」以外にも「夏」のおはぎ、ぼたもちは「夜船」、「冬」のおはぎ、ぼたもちは「北窓」と呼んだりします。
昔から日本人は四季の移り変わりに敏感で、「食」の中に見事に季節を織り込んで表現しています。
こういったことを知ってから「おはぎ」「ぼたもち」を食べると、季節をより身近に感じることができるかもしれませんね。

お彼岸について→お彼岸とは一体何?意味や由来を紹介。墓参りやおはぎについても解説
お供え物についてはコチラも→お彼岸のお供え物には何がいい?のしの書き方や相場についても解説
お墓参りについて→お彼岸のお墓参りはいつ行くのか?服装や持ち物についても解説
お供えするお花について→お彼岸に花をお供えするには?お墓参りの場合と仏壇の場合で解説

スポンサーリンク

-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お彼岸に花をお供えするには?お墓参りの場合と仏壇の場合で解説

「春分の日」「秋分の日」が近づくとお彼岸の時期ですね。 お彼岸になるとお墓参りに行く方も多いでしょう。 お彼岸にお花をお供えするときにどのようなお花を選べばいいのか迷うところです。 お墓や仏壇にお供え …

こどもの日の菖蒲

こどもの日の由来や意味は?こいのぼりでは?またその歴史について

5月5日、この日は「こどもの日」として祝日になってますね。 「こどもの日」にはどんな由来があるのか? スポンサーリンク こどもの日に食べるちまきや柏餅の意味は?また鯉のぼりを立てるのなぜ? そういった …

お盆の精霊馬や精霊牛

お盆の馬や牛の意味は?地域ごとの違いや置き方について

お盆の時期になると「なす」と「きゅうり」で馬や牛を作って飾る風習が日本にあります。 割り箸が挿された牛や馬に見立てられた「なす」や「きゅうり」を見たことがある方もおられることだと思います。 スポンサー …

お彼岸のお墓参りはいつ行くのか?服装や持ち物についても解説

春と秋、3月と9月にはお彼岸があります。 お彼岸にはお墓参りをしますが 「いつに行けばいいのかよく分からない」 という方もおられるのではないでしょうか? スポンサーリンク いつお墓参りに行くのか?服装 …

お彼岸のお墓参り

お彼岸とは一体何?意味や由来を紹介。墓参りやおはぎについても解説

お彼岸にお墓参りする方も多いと思います。 そもそも「お彼岸」とはなんなのでしょう? そういった疑問を持っておられる方もけっこうおられると思います。 お彼岸の分かりやすい意味とその言葉の由来についてご紹 …

最近のコメント