青空ブログ

日々の疑問や興味について書いていきます。

スポット

身延山久遠寺の桜の開花予想|車椅子での観桜やアクセスの仕方も紹介

投稿日:

山梨県にある身延山久遠寺。
境内には樹齢400年と伝わる2本のシダレザクラの古木があります。
春になると大きく垂れ下がる枝に薄桃色の花びらをいっぱいつけた名木を見に訪れる観桜客で賑わいます。

中には年配のご両親と観桜しに行こうと思っておられる方もおられると思います。
足腰の弱い方や車椅子での観桜についてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

身延山久遠寺の桜の開花予想2019

身延山久遠寺の桜
山梨県南巨摩郡身延町にある「身延山久遠寺」は鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた日蓮宗の総本山です。
また山梨県内でも人気の高いお花見スポットになります。
境内の祖師堂前と仏殿前にある咲く2本「しだれ桜」は大変人気があり見頃になると観桜客で賑わいます。

身延山久遠寺 樹齢400年の しだれ桜

身延山久遠寺の境内には「全国しだれ桜10選」に選ばれた樹齢400年のしだれ桜の古木があります。
美しい薄桃色の桜の花をいっぱいつけた枝が地面へと大きく垂れ下がる様子は見応えがあります。

身延山久遠寺の桜 2019年の開花情報

例年の見頃は3月下旬となっています。
去年2018年の開花日は3月22日でした。

過去10年の満開日
2018年 3/27 2013年 3/25
2017年 4/05 2012年 4/09
2016年 3/30 2011年 4/04
2015年 3/30 2010年 3/27
2014年 4/02 2009年 3/24

今年の東日本の桜の開花は例年並みの開花となる所が多いようで、山梨県を含む中部地方で見た場合は暖冬の影響が少しあるもの開花の時期は例年並のようで、去年に比べると同じか少し遅めの開花となるようです。

2019年身延山久遠寺の桜と甲府市の開花予想

身延山久遠寺のしだれ桜

身延山久遠寺の桜 甲府市
開花予想日 3/25 3/23~3/26
満開日  3/31 3/30~4/1
見頃 3/29~4/5 3/29~4/5

満開日の前2日、後5日が見頃になっています。

境内のしだれ桜の見頃は上記の頃になりますが、しだれ桜がピークを迎える頃に紅しだれが開花し、またそこから紅しだれの見頃が続きます。
桜の種類によって見頃の時期も変わってくるので、観桜としては長い期間楽しむことができるでしょう。

身延山久遠寺へ車椅子で行く!

身延山久遠寺へ車で行かれる場合

観桜期になると身延山久遠寺へ行く県道804号(県道身延線)が交通渋滞緩和のための交通規制が実施されます。
それに伴い臨時駐車場(身延町総合文化会館)から有料シャトルバスが運行されます。

2018年の交通規制
規制期間 3/30~4/3
規制時間 9:00~16:00
規制区間 県道身延線 久遠寺入り口交差点から

身延山久遠寺へと続く県道身延線が久遠寺入り口交差点から普通車両通行禁止になります。
午前9時前と午後4時以降は車両通行可能です。

有料シャトルバスについて

シャトルバス(総合文化会館⇔山交身延山バス停)
大人(中学生以上)往復400円 小学生 往復200円 幼児 無料
総合文化会館から出る身延山行きのバスは午後4時発が最終になります。
山交身延山バス停からのバスは午後6時発が最終になります。
※料金・発車時刻情報は2018年のものです。

車椅子で行かれる場合のいくつかのアクセス

有料シャトルバスには車椅子での乗車も可能になっていますが、シャトルバスが止まるバス停から斜行エレベーターのある「せいしん駐車場」までの道中がけっこうな坂道になります。
坂道にはお土産屋やお食事処が並ぶ商店街になっているので介助人がおられれば休憩しながらゆっくりと登っていくことも出来るかもしれませんが、その距離も約850mとけっこうな道のりになっています。
そこで「せいしん駐車場」まで車で行く方法をいくつか紹介しましょう!

①通行許可証をもらう

シャトルバスが発車する総合文化会館の職員の方に障害者手帳を提示すれば車両通行禁止になっている県道身延線を車で通行できる許可証をもらうことができます。
車で「せいしん駐車場(有料)」まで来れば駐車場奥にある斜行エレベーターで久遠寺境内まで行くことができます
エレベーターは2機あります。

②通行止めになる前に入る

身延山久遠寺へ向かう県道身延線の通行止めは午前9時から午後4時となっています。
それ以外の時間には車で通行することができます。
つまり午前9時までに入れば「せいしん駐車場」まで行くことができ、また帰る際には9時~16時以内でも出ることができるのです。

ただし、やはり観桜期になると午前8時~9時近くになる頃には大渋滞までは行かなくとも混雑が始まります。
なるべく早い出発をおすすめします。

なお、せいしん駐車場と境内を結ぶ斜行エレベーターの営業時間が午後4時頃までとなっているので16時以降に行くことはあまりおすすめしません。

せいしん駐車場から斜行エレベーターで本堂まで

「せいしん駐車場(有料)」の奥には斜行エレベーターがあるので、階段や坂を登らずに久遠寺境内まで行くことができます。
エレベーターは2機・2線路あり、1機30人乗りになっており料金は無料です。

高低差50m以上の坂を山麓駅~山頂駅と往復します。
乗車時間は1分少々ですが途中に山麓方面を見ると山に囲まれた綺麗な景色や「身延山ロープウェイ」を見ることができます。

山頂駅から身延山久遠寺の本堂への距離はとても近くすぐに行くことができます。
また身延山ロープウェイの久遠寺駅へも傾斜はありますが、階段・段差なしで行くことができ便利です。

ただし、斜行エレベーターの営業時間は午前9時~午後4時頃となっているのであまり早い時間についても利用することができないので9時頃までは待つことになります。
また山頂駅から帰る際も営業時間外にならないように注意が必要です。

せいしん駐車場(身延山有料駐車場)駐車料金
普通車 1時間まで300円 以後30分毎 100円
大型車 1時間まで1500円 以後30分 500円
スポンサーリンク

身延山ロープウェイ

山麓・久遠寺駅と山頂・奥ノ院駅を結ぶ全長1655m・高低差763mの三線交走式ロープウェイです。
身延山ロープウェイには車椅子でも乗車することができ、山麓・久遠寺駅にはスロープもあります。

山頂・奥ノ院駅に6段の階段がありますがスタッフに介助していただけます。
東側展望台・北側展望台・七面山展望台と3つの展望台があり、北側展望台からは南アルプス・八ヶ岳連峰など、東側展望台からは富士山の山頂部を眺望できます。

また山麓・山頂両駅には公衆無線LANも導入されているので、インターネットで調べたり、ブログの更新をしたりすることもできます。

身延山ロープウェイ
利用料金 大人(中学生以上) 往復1400円 片道760円
小人(4~12歳未満) 往復 700円 片道400円
障害者等(大人) 往復700円 片道380円
障害者等(小人) 往復350円 片道200円
定員 45名
片道所要時間 約7分間
営業時間(3/16~11/15) 上り始発 8:40 上り終発 16:00 下り終発 16:40

※観桜期には営業時間が変動する場合もあります。

身延山久遠寺へのアクセス

身延山久遠寺へのアクセスの仕方を電車・車の場合とでそれぞれご紹介します。

<電車でのアクセス>

東京方面から

【新宿駅】~JR中央本線 特急~【甲府駅】~特急ふじかわ号~【身延駅】

大阪方面から

【新大阪駅】~JR東海道新幹線~【静岡】~特急ふじかわ号~【身延駅】

JR身延駅から久遠寺

JR【身延駅】~山交バス~【身延山(門前町)】行き 約15分

【身延山】バス停~乗合タクシー~【久遠寺】 約5分

<車でのアクセス>

臨時駐車場のある総合文化会館までのアクセス

新東名高速道路~【新清水IC】~国道52号~総合文化会館

せいしん駐車場(身延山有料駐車場)までのアクセス

新東名高速道路~【新清水IC】~国道52号~小田船原(交差点)/左折~県道身延線(県道804号)~せいしん駐車場(身延山有料駐車場)

「身延山久遠寺の桜の開花予想|車椅子での観桜やアクセスの仕方も紹介」まとめ

身延山久遠寺には「全国しだれ桜10選」に選ばれた樹齢400年のしだれ桜の古木があります。
見頃は3月の終わりから4月の上旬となっています。しだれ桜のあとには紅しだれが見頃を迎えるので長い期間桜を楽しむことができるでしょう。
観桜期には久遠寺周辺が普通車両通行止めとなるため、臨時駐車場からの有料シャトルバスでの移動になります。
バス停から久遠寺までの道のりが、長いのと急な坂道なので、車椅子のかたなどは有料シャトルバスの発車場所である総合文化会館で障害車手帳を提示すれば、車両通行止め区間の通行許可証が発行されるので、久遠寺境内の下にあるせいしん駐車場(身延山有料駐車場)まで車でくることができます。
また朝の9時までは車両規制がされていないので、車椅子のかたいがいにも足腰の弱い方などは9時までに通行されれば入ることができます。
ただし9時前には混雑してくるので注意が必要です。
せいしん駐車場(身延山有料駐車場)からは斜行エレベーターで境内まで行くことができます。
久遠寺からはロープウェイも出ており奥ノ院まで行くことができます。車椅子での乗車も可能になっており、展望台から富士山や南アルプス、八ヶ岳連峰などを眺望することができます。
身延山久遠寺の桜観賞の参考になれば幸いです。

関連記事
山梨 神代桜へのアクセス方法!混雑具合や駐車場情報も紹介

スポンサーリンク

-スポット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

イトイパーク福島店のプラレールアーバンライナー

トイトイパーク大阪市福島店(1号店)で子供と遊ぶ!料金や混雑具合も

大阪市内にある幼児向けの屋内レジャー施設 『トイトイパーク大阪市福島店(1号店)』の紹介です! 駅からも近く、店内からも電車がしょっちゅう見られるとあって子供にも大人気な施設です。 先日、日曜日の午後 …

芦野公園の線路

五所川原市芦野公園の桜2019|駐車場情報も紹介

青森県内でも弘前公園の桜に次いで人気の高い五所川原市は金木町の「芦野公園」の桜をご紹介します。 2019年の開花予想や駐車場についても紹介していきましょう。 スポンサーリンク 関連

花見の名所 奈良の又兵衛桜について。アクセス方法や駐車場をご紹介

奈良県内に桜の名所はいくつかございます。 吉野のように何万本もの桜が山を埋め尽くすものであったり、川の畔を桜並木が連なるものだったり。 今回はたった1本ながらも存在感のある又兵衛桜をご紹介しましょう。 …

きっず光科学館ふぉとんで無料で遊ぶ!プラネタリウムや駐車場も紹介 前編

きっず光科学館ふぉとんは京都府木津川市にある光に関する日本ではじめての科学館です。 スポンサーリンク みんなに身近な「光」をテーマに、様々な不思議を体験したり、性質を楽しく学ぶことができる体験型の科学 …

佛隆寺の桜

佛隆寺に咲く千年桜の花見情報|駐車場やアクセスの仕方も紹介

奈良県宇陀市にはたくさんの桜の名所があります。 その中から今回は佛隆寺にある『千年桜』と呼ばれている桜の巨木をご紹介します。 その名の通り、樹齢が千年近くになる古木ですが、毎年春になるとたくさんの人を …