青空ブログ

日々の疑問や興味について書いていきます。

スポット

吉野の桜を奥千本で見る!おすすめの場所や所要時間についても紹介

投稿日:2019年1月27日 更新日:

桜の名所、吉野山。
下千本・中千本・上千本・奥千本と桜を楽しむエリアは4つあります。
比較的アクセスのしやすい「下千本」「中千本」に比べて「上千本」や「奥千本」は道も坂道が増え、駅からの距離もかなり遠くなります。
今回はその一番山奥にあたる『奥千本』について紹介していきます。
見所や所要時間なども解説していきましょう。

スポンサーリンク

吉野の桜の奥千本について

吉野の桜奥千本
吉野山の中で最も奥のエリアにあたるのが『奥千本』です。
標高は600m~700mになるので、当たり前ですが、もう普通に「山」です。

歩きやすい靴でないと散策しづらいでしょう。

桜の本数は他のエリアに比べるとだいぶ少なめですが、山奥に静かに咲くヤマザクラをゆっくりと楽しむには絶好の場所です。

吉野の山の桜は山下にある「下千本」から「中千本」・「上千本」・「奥千本」と山上に向かって順番に開花していきます。
奥千本の桜が開花するのは例年では4月中旬から下旬にかけてです。
なので標高の低い「下千本」の桜が散ったあとぐらいからでも楽しむことができます。

2015年には1000本の桜の苗木が新たに植樹されたそうなので近い将来が楽しみですね。

それでは吉野の山の一番奥にある「奥千本」の見所をみていきましょう。

吉野の桜の奥千本のおすすめは?

奥千本でのおすすめスポット

吉野の桜、上千本エリアの見所
・高城山展望台
・金峯神社
・西行庵
・義経の隠れ塔

高城山展望台(たかぎやまてんぼうだい)

『吉野水分神社』から15分ほど山を登るとに『高城山展望台』に着きます。
この辺りの標高は約700mになり数十本の桜が出迎えてくれます。
桜の本数は少ないですが、山奥の澄んだ空気の中でみるヤマザクラは可憐な感じがし格別です。

遠くには二上山や金剛山を眺望できます。
屋根付の休憩所があるので、お弁当を食べながらの観桜もおすすめです。
近くにはトイレも設備されています。

アクセス

所要時間:下千本駐車場から徒歩で約1時間20分/近鉄吉野駅から徒歩で約1時間40分/中千本操車場から徒歩で約50分
臨時バスと奥千本行きのバスの併用約40分

金峯神社

吉野山の地主神を祭る神社です。
この辺りの標高は約765mほどで、吉野山で最も高い場所になります。
金峯神社の入り口には古い木の鳥居があり、ここが大峯山に参るための四つの門のうちの第二問の『修行門』になります。

金峯神社参道にはソメイヨシノが咲いており、金峯神社のすぐそばには大きなしだれ桜も咲いています。
2004年には世界遺産に登録されています。
神社の近くにはトイレもあります。

アクセス

近鉄吉野駅から臨時バスで中千本操車場まで行き下車後、竹林院近くから奥千本行きのバスに乗り継いで終点で下車
所要時間:(バスのみの時間)約30分
料金:中千本方面の臨時バス 大人片道360円/奥千本行きのバス 大人片道400円 小人200円 (情報は2014年4月時点)

終点の奥千本口で下車後、徒歩で10分ほどで『金峯神社』に着きます。

西行庵

西行法師(平安~鎌倉時代に活躍した歌人)が住んでいたとされる場所です。
金峯神社のそばにある細い山道を20分ほど歩くと『西行庵』に着きます。

西行庵のすぐそばには「奥千本苔清水」という名水が岩の間から流れ落ちてるのでペットボトルなどを持参するのをおすすめします。
ここには松尾芭蕉の句碑も建っています。

また周辺はヤマザクラを楽しむことができ、秋になると紅葉のスポットしてもおすすめです。

義経の隠れ塔

金峯神社のすぐ脇にある建物です。

1185年の11月に源義経が弁慶らとここで身を隠していたという伝説が残る場所です。現在は大峯修行場の1つになっており塔に入って扉を閉じれば中は真っ暗になります。
金峯神社から本当にすぐなので金峯神社まで行くのなら、『義経の隠れ塔』も一緒にご覧になることをおすすめします。

スポンサーリンク

吉野の桜の奥千本での所要時間は?

近鉄吉野駅から徒歩で回るとなると相当な時間がかかります。片道だけでも2時間以上はみておいたほうがいいです。
行きをバスと徒歩の併用で奥千本まで一気に登り、帰りを徒歩でゆっくりと観桜しながら下ることをおすすめします。

観桜期の臨時バスを利用する

①近鉄吉野駅から中千本操車場へ行く臨時バスに乗車します。
バスは観光車道を通って中千本操車場までへと行きます。
所要時間約15分
料金大人片道360円

②バスを下車後、上千本の竹林院近くに奥千本行きのバスのバス停まで歩きます
所要時間:徒歩で約15分

③奥千本行きのバスに乗車し終点の奥千本口で下車
所要時間約15分
料金大人片道400円 小人200円 (情報は2014年4月時点)

④金峯神社まで徒歩
所要時間約10分

臨時バスと奥千本行きのバスを併用し、連絡がうまくいけば下千本駐車場から1時間ほどで着きます。
そこから各スポットをゆっくりみてまわり、途中に休憩や食事をとり、観桜を楽しみながら下までおりてきます。
下りる途中に上千本エリアの花矢倉展望台や中千本エリアの吉野水分神社などに寄ったりするのもいいでしょう。
ゆっくり見て回ると所要時間は4~5時間はみておいたほうがいいでしょう。
吉野の山の桜観賞は1日かけるつもりでゆっくりと味わうのがおすすめです。

「吉野の桜を奥千本で見る!おすすめの場所や所要時間についても紹介」のまとめ

吉野の山で最も奥にあり標高も高い『奥千本』。
桜の数は少なめですが、空気も澄んで静かなスポットになっています。
奈良の古を感じることができる場所がたくさんあり、可憐なヤマザクラも楽しめます。
桜のシーズンの土日などは混雑も避けられません。もし可能であれば平日や早朝が観光客も比較的少ないのでゆっくり楽しむにはいいと思われます。
徒歩で時間をかけながら回るのもいいですが、奥千本までバスを利用して一気に上り、そこからゆっくりと桜や歴史的建物を楽しみながら下りてくるのがおすすめです。
それでは、吉野の最も奥にある『奥千本』での静かな桜観賞をお楽しみください。

関連記事
奈良県吉野山の観光ガイド!花見からお食事&お土産、アクセスまで!

スポンサーリンク

-スポット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

十和田市官庁街通りの桜

十和田市の官庁街通りの桜!|周辺駐車場やバス停についても紹介

青森を代表する桜の名所『十和田市の官庁街通りの桜』についてご紹介します。 見頃の時期になると「十和田市春まつり」も開催されます。 周辺駐車場やバス停などについても紹介していきましょう。 スポンサーリン …

奈良郡山城跡と桜

奈良郡山城跡での花見情報!お城祭りに行こう!アクセス情報も紹介

奈良県大和郡山市の郡山城跡での花見情報です!花見の時期に開催される『大和郡山 お城祭り』に関しても紹介していきます。 駅からのアクセスも近いので奈良県内でおすすめの桜のスポットになります。 スポンサー …

吉水神社書院

吉水神社は世界遺産|吉野山のパワースポットから見る一目千本

吉野山、中千本エリアにある吉水神社に行ってきました。 世界遺産に登録されている『吉水神社』 パワースポットとしても有名なこの場所から見る一目千本は吉野山の桜の名所の中でも息をのむ美しさです。 詳しく紹 …

長谷寺五重塔と桜

奈良県長谷寺の桜の見頃!お花見情報とアクセスの仕方~春の特別拝観

奈良県桜井市、花の御寺としての愛称もある『長谷寺』 牡丹でも有名なこの長谷寺は桜の名所でもあります。 ソメイヨシノやヤマザクラ、しだれ桜など約1000本の桜が咲き誇る境内の様子をお伝えしていきます! …

大法師公園の桜

大法師公園の桜祭り2019|ライトアップ情報と屋台についても紹介

大法師公園でのお花見についてご紹介します。 甲府盆地の南西端、山梨県は南巨摩郡富士川町のにある「大法師公園」。 「日本さくら名所100選」にも山梨県から唯一選ばれている県内を代表する桜の名所です。 今 …

最近のコメント